JR仙石線の高城町以東の列車がJR東北本線乗り入れへ

JR仙石線、JR東北本線連絡線

2011年5月25日
宮城県宮城郡松島町・松島駅南側付近
JR東北本線下り電車内からJR 仙石線への連絡線
(松島駅から松島海岸駅方向の連絡線、分岐器が使用できない状態)

JR仙石線高城町駅

2011年5月25日
宮城県宮城郡松島町高城
JR仙石線高城町駅 (高城町~東塩釜間復旧前)

JR仙石線高城町駅

2011年5月25日
宮城県宮城郡松島町高城
南側・磯崎踏切から
JR仙石線高城町駅 (高城町~東塩釜間復旧前)

 

2012年10月16日の河北新報朝刊の一面に、「仙石線、東北線乗り入れへ」という記事が掲載されました。

テレビ・新聞等の情報によると、10月18日にJR東日本の仙台支社長と村井宮城県知事の記者会見が行われるということなので、詳細はその時に発表されるものと思われます。

仙石線には色々な役割がある

JR仙石線といえば、仙台のあおば通駅から石巻駅まで路線ですが、仙台近郊の通勤路線、松島への観光路線、郊外のローカル路線として、また仙台と石巻を結ぶ都市間鉄道路線として、利用されています。

仙台近郊の同様の路線としては仙台と山形を結ぶJR仙山線がありますが、山形自動車道の開通等で高速バスが便利になり、仙台~山形間の都市間は高速バス利用が主流になっていますので、現在は主に仙台近郊の通勤路線として利用されています。

JR仙石線に関しても、仙台~石巻間の都市間移動手段として並行して高速バス路線があり、バスと仙石線の時刻表比較では大差のない所要時間になっていますが、高速道路区間の混雑や一般道路の走行距離が長いこと、山形のバス路線のような高頻度なダイヤではなく、都市間移動手段としてまだ仙石線が優位な形になっています。

仙石線の快速は遅いB快速が多数

仙台~石巻間の都市間移動でJRが優位だといっても、仙石線の遅さには多くの人が不満があると思います。

仙石線には快速が毎時片道1本走っていますが、快速でも仙台~高城町間で下馬と陸前浜田しか通過しないで所要時間が40分掛かる快速(B快速)が多数で、A快速という30分で走破する快速は一部のみとなっています。

これは仙台市内を各駅停車にして仙台市外を快速運転するという、仙台市内の需要を細かく拾いながら、仙台と石巻間の都市間輸送にも対応する、というようなバランスを考えた設定になっているようです。

しかし、塩釜~松島間を並走しているJR東北本線は、仙台~松島間の普通電車で25分程度の所要時間ですので、石巻から急いで仙台向かう人は"東北本線に乗り移りたい!"と思ってもおかしくはありません。

仙石線は私鉄として開業

JR仙石線は仙台駅に発着する他のJR線とは違い、昔は宮城電気鉄道という独立した路線でした。そのこともあって、電化方式が東北のJRでは唯一の直流方式が採用され、また仙台駅から塩釜・松島へと東北本線と並行して路線が敷設されています。

しかし、元々別会社の路線だったことが、現在でも利便性向上の障壁になっていると感じていました。

仙石線には以前から、東北本線と連動させようという話は少し出ていました。
地元住民の要望として東塩釜北側に新駅をという話や、今回の仙石線の東北本線乗り入れという話がありました。

年月日は忘れましたが、当時の河北新報の記事には、仙石線の東北本線乗り入れという事に対し、JR東日本は電化方式が違うのでディーゼルカーによる乗り入れになると説明、地元ではディーゼル化に拒否反応がありこの案は難しい、というような事が書いてありました。

僕個人としても、1992年と1993年に仙石線の東北線に乗り入れ案を含む案を宮城県に提出していましたので、進展がないことを残念に思っていました。

新型のディーゼルカーは高性能

仮に、仙石線の高城町以東の全列車がディーゼルカー化された場合は、どのようになるでしょうか。全列車ディーゼルカー化は、復旧・移設ルートの電化工事が不要になりますから、JRとしてのメリットはあると思います。JR石巻線の女川駅直通も可能になると思います。

最近のディーゼルカーは加速も鋭く駅間も電車並みの所要時間で走行しますので、排気ガスの黒煙や騒音の問題はありますが性能的には問題はありません。また、ハイブリッドディーゼルカーであれば、黒煙も少なく加速しますので問題はありません。

ダイヤが、一番の問題

高城町駅には仙石線電車は毎時片道快速1本、普通1本が発着しています。また、東北本線の松島駅には松島止まりが1本小牛田・一ノ関方面直通が2本日中発着しています。

東北本線の松島止まりの列車は仙石線直通に変更されるにしても、現在の小牛田・一ノ関方面直通を仙石線方面へ振り替えることや、高城町発着の仙石線電車が減少することは単に運転本数の削減にしかなりませんので、これには反対せざるを得ません。

まあ、あとはJRと村井宮城県知事の記者会見を待つことにしましょう。