「仙台市地下鉄東西線開業にあわせたバス路線再編(案)」資料の読み方(4)

運賃が大幅値上げになる場所がある

仙台駅までの運賃が大幅値上げになる場所があります。
 

蒲の町バス停

  • 現在と同額の300円

ちなみに、卸町駅まで歩いて地下鉄東西線で仙台駅へ行った場合は250円です。
 

若林区文化センター入口バス停と南小泉四丁目バス停

  • 運賃 現在の230円から300円に
     

沖野バス停(若林区役所経由)

  • 運賃 現在の330円から470円に
     

選択肢が無いなら運賃は同額にすべき

路線バスは都心直通と比較して地下鉄・バス乗り継ぎのほうが運賃が高くなる、というのは地下鉄南北線の場合でも同じです。

しかし、地下鉄南北線沿線では、地下鉄平行バス路線の統廃合はあまりされていませんので、急ぐ時は地下鉄乗り継ぎ、急がない時は都心直通路線バスで安く行くという選択肢があります。

一方、地下鉄東西線沿線の若林区内のバス路線は、大多数が地下鉄駅結節路線に再編されますので、所要時間や運賃で直通、乗り継ぎの選択はできません。

仙台市の都合で、バス路線を地下鉄駅結節に再編するわけですから、運賃は可能な限り現在と同程度の額にすべきだと思います。
 

仙台市地下鉄南北線の問題でもある

地下鉄東西線沿線のバス路線再編が成功したと判断されれば、今後、地下鉄南北線沿線でもバス路線再編が行われる可能性があります。成功したと判断するのは仙台市ですから、仙台市民や公共交通利用者は、問題点があれば発言してゆかなければなりません。
 

バス路線再編に関する第1回市民説明会

2014年6月6日金曜日午後7時から、仙台市役所本庁舎8階ホールで、「バス路線再編に関する第1回市民説明会」の最終回があります。仙台市の考えも聞けますし、市民の意見も聞くことが出来ます。ぜひ、参加してください。

仙台市に対してのバス路線再編に関する意見は、2014年6月16日月曜日まで郵送、ファックス、メールで受け付けているということです。

東西線開業にあわせて再編するバス路線に関する第1回市民説明会を開催します - くらしのガイド | 仙台市
http://www.city.sendai.jp/sumiyoi/kotsu/annai/1212698_1591.html
 

《関連ホームページ》

地下鉄東西線開業にあわせたバス路線再編の概要について | 仙台市
https://www.city.sendai.jp/report/2013/1212195_1415.html

仙台市交通局 地下鉄東西線開業にあわせてバス路線が変わります
http://www.kotsu.city.sendai.jp/bus/news/news/saihen.html