仙台七夕花火祭2014について

仙台七夕花火祭は、今年から打ち上げ場所が変更になり、観覧場所も変更になっています。

昨年まで打ち上げ場所であった、広瀬川仲ノ瀬緑地運動広場と、主な観覧場所であった仲の瀬橋の関係は、大変に魅力的なものでした。

広瀬川とほぼ同レベルのグラウンドと、市道と国道48号線・西道路の2階建ての橋となっている仲の瀬橋は高低差が大きく、例えて言うならば「空に打ち上がった花火を空中で見る」ような感じで、大変迫力がある花火を見ることができました。

今回、地下鉄東西線の広瀬川橋梁が建設されたことにより、花火の打ち上げ場所を変更する必要がありました。

主催者としても、打ち上げ場所の選定、交渉に苦労されたと思います。

しかし、花火の見応えが無くなれば、仙台七夕花火祭の魅力が薄まってしまいます。
 

七夕花火の直前に、ツイッターに以下の投稿をしました

「仙台七夕花火祭2014の仮説:打ち上げ場所が変わり、仲の瀬橋から見た場合、音と見た目の迫力が無くなる。二高や追廻の無料観覧場所、仲の瀬橋下の有料観覧席は樹木等が邪魔し見づらい可能性(仮説)」

ツイッターでの仮説を検証するために、近くで見るのは10年以上ぶりになりますが、今回、仙台二高から仲の瀬橋、西公園、大橋、追廻と花火祭会場をまわってみました。

各観覧場所からの花火の見え方ですが、
 

仙台二高校庭から七夕花火

無料観覧場所・仙台二高校庭(前列):花火の一部が校舎に隠れる
 

無料観覧場所・仙台二高校庭

無料観覧場所・仙台二高校庭
 

仙台二高校庭から七夕花火

無料観覧場所・仙台二高校庭(北側校門付近):校舎に隠れず見える
 

仲の瀬橋から七夕花火

仲の瀬橋有料観覧席西端
 

西公園通から七夕花火

西公園通から
 

追廻地区から七夕花火

無料観覧場所・追廻地区内仙台市臨時駐車場(中程):花火の一部が木に隠れる
 

追廻地区から七夕花火

無料観覧場所・追廻地区内仙台市臨時駐車場(中程):木に隠れない場合もある
 

以上です。

ツイッターでの仮説は、仲の瀬橋下の有料観覧席は確認していませんが、他はほぼ実際も起きていました。

今回会場をまわってみて、運営面で気になったことがありますので、次に書きます。

 
仙台七夕花火祭2014について

| 1 | 2