仙台七夕花火祭2014について(2)

今回仙台七夕花火祭の会場内をまわってみて、運営面で問題があると感じましたので、実際にあったことを書いてゆきます。

以下は、交通整理の警備員・警察官・主催者の発言です

  • 仲の瀬橋では、「立ち止まらないでください、歩いて写真を撮らないでください」
  • 広瀬通・西公園通の交差点付近歩道では、歩道橋の階段があり幅が狭くなっている場所で、前が詰まって身動きがとれない状態にも かかわらず「ここで立ち止まらないでください」
  • 大橋の通りでは、「緊急車両用通路ですから歩道を歩かないでください」、有線スピーカーからは「仲の瀬橋付近、緊急車両が通りますので歩道に上がってください」
  • 広瀬通・西公園通の交差点では、 「広瀬通は混雑していますので定禅寺通、青葉通からお帰りください」、大町交差点付近では、「青葉通は混雑しているので、南町通からお帰りください」
  • 仲の瀬橋では「右側を歩いてください」、大橋の通りでは「左側を歩いてください」
  • 仙台二高や追廻の無料観覧場所では、「ここは通路です。枠の中に入って見てください」

 
仲の瀬橋

仲の瀬橋:空いているにもかかわらず30秒も立ち止まりを許さないためにブレている写真
 

仲の瀬橋有料観覧席

仲の瀬橋有料観覧席(北側車道):空席が目立つ
 

広瀬通・西公園通の交差点付近歩道

広瀬通・西公園通の交差点付近歩道:身動きがとれない人と傍観する交通整理員
 

広瀬通・西公園通の交差点

広瀬通・西公園通の交差点:人溜まりをなくすため、歩行空間を狭めている
 

西公園通

西公園通:公式発表にはない無料観覧場所?
 

大橋の通り

大橋の通り:立ち止まれないためブレた写真
 

安全性は大事

過去に明石花火大会歩道橋事故や、六魂祭の混乱等があり、規制を強くかけて安全対策をしたいという思いはわかります。

しかし、花火を楽しみに来た人に、楽しく過ごしてもらおうという気持ちは消え去っているように感じます。
 

楽しさも大事

出店で買い物して、短時間立ち見で花火を見て、携帯で花火を撮る。

これが、実現できない花火なんて、はっきり言って祭りでもなんでもありません。

主催者が設定した観覧場所の枠は、立ち見をすることができません。敷物を持ってきていない人は座ることができません。どこで見ればよいのでしょうか。

立ち見の場所があれば、短時間立ち止まって写真を撮ることもできますし、移動しながら所々で立ち止まって見ることもできます。
 

広報にも問題があります

当日、午後4時ごろホームページを見ようとしたところ、アクセスが多くサーバーが落ちていて見ることができませんでした。仙台七夕花火祭は交通規制がありますので、ホームページを見られないというのは大きな問題です。クラウドサーバーを使う等、予測されるアクセスの集中に対応できるようにする必要があります。

また、新聞記事や新聞広告には花火祭の情報が載っていましたが、観覧場所の案内は新聞記事では文字のみ、新聞広告では見難いサイズの図しかありませんでした。
 

当日、延々と注意を促すのは事前の問題

来年か再来年の七夕花火祭には、地下鉄東西線の大町西公園駅が開業します。開業した際にはアクセスが駅に集中し、混乱が予想されます。

しかし、なんでも注意を徹底すれば良いというものではありません。

2012年に開催された「第30回全日本大学女子駅伝」のテレビ中継を見ていると、白バイの警察官が「道路に出ないでください」と最初から最後まで言い続けていて、とても不快でした。

駅伝コースには、たくさんの沿道整理員が立っていて、延々と注意を促す必要は無いわけです。

祭りを開催するためには、事前の打ち上げ場所・観覧場所・通路の設定、準備、広報、祭りの実施となるわけですが、当日延々と注意を促すことになるのは、事前の設定、準備、広報に問題があるのです。
 

打ち上げ場所と観覧場所の関係

今回、打ち上げ場所の変更による観覧場所からの花火の見え方を検証するために会場をまわってみましたが、やはり影響はあると感じました。

仙台七夕花火祭の魅力を元に戻し、また向上するためには「打ち上げ場所と観覧場所の関係」を修正する必要があると思います。

例えば、打ち上げ場所を東北大学川内萩ホール付近とした場合は、有料観覧席を仙台国際センター前や仙台商業高校跡地に設定し、仲の瀬橋は全て無料観覧場所にするという方法、または、地下鉄東西線を大町西公園駅で折り返しとし、従来の打ち上げ場所に戻すという方法が考えられます。
 

魅力がある仙台七夕花火祭であってほしい

仙台七夕花火祭は、仙台七夕まつりの3日間よりも仙台市民は楽しみにしている人が多いと思います。

今後も仙台市民に支持される仙台七夕花火祭であってほしいと思います。

 
仙台七夕花火祭2014について

 1 | 2 |